PCゲームをやるメリット・デメリット

最近スマートフォンやタブレットの普及で、フリック操作になれてしまったせいか、若年層でパソコンを扱えない人が急増しているようです。
インターネットで見る、調べる、あたりですと、現在パソコンではなくスマートフォンやタブレットで十分となってきております。
しかしながら、社会に出て仕事をするとなると、パソコンの活用は必須となってきます。
高校生あたりからは、少しずつパソコンに慣れていくことをオススメしたいです。
ただし、子供にいきなり表計算や文書作成を教えても興味のないことを覚えるのは難しいです、人間、『楽しい』か『しなければならない』状況でなければなかなか覚えないものです。
そこで、楽しみながらパソコンを覚えることができるのが『ゲーム』です、スマートフォンでできてしまうようなゲームではなく、一歩進んだゲームが可能です。
子供に流行しているマインクラフトや、無料で遊べるブラウザゲームなどがあります。
あまり高度なゲームですと、ゲーミングPCのようにパソコン自体の性能が良くないと動かないのですが、ブラウザゲームなどでしたら、大した性能もないパソコンでも十分に動きます。

パソコンに親しませるメリット

キーボードに慣れておくと、まず操作を覚えるという煩わしさがありませんので、仕事でイニシアチブをとることができます、正確さ速さを最初から手に入れているのは大きなメリットです。
パソコンの構造や、システムになれておくのも、仕事では非常に重宝されます、まず頼られる、もしくは最低限の知識があることは、仕事のアピールに必須です。
パソコン=怖いもの、触っちゃいけないもの、というイメージであると、チャレンジする精神が養われません、子供のうちから慣れ死なしませるのが良いでしょう。

パソコンに親しませるデメリット

偏った情報や、年齢制限のあるコンテンツへの足の踏み入れ、情報漏えい、などが心配されるところです、最近増加している課金要素なども心配ではあります。
しかし、これらが面倒であるということで、親がパソコンの設定などを怠って、子供のパソコンの興味がうすれるのも、勿体無いことです。
中学生あたりですと多感な時期もあり、反抗期なども心配されますが、高校生でしたら、仲良くパソコンを扱うことにも、あまり抵抗が無いと思われます。
親も勉強が必要ですが、親がわからないから、子供にも与えないというのは本末転倒であると思いますので、できれば親も頑張ってパソコンに親しみたいものです。

オススメのゲーム

パソコンになれ親しむために、オススメのゲームですが、以下がオススメです。
・マインクラフト 全年齢対象
・FF14 15歳以上推奨
・RPGツクールMV 全年齢対象
FF14はオンラインゲームなので、人と関わる部分ではケアが必要と思えます、マインクラフトやRPGツクールMVなどは向き、不向きがありますが創造性が養われますのでオススメです。
とくにRPGツクールMVは、高度なスプリクト対応などもあるので、子供の興味次第ですがパソコンの熟知には役立つと思います。
パソコン=悪とするかは、親次第、使う子次第だと思いますので、ゲームも使いようによっては教育になりますので、楽しんでパソコンを覚えさせられる道具になるようにしたいものです。